下半身太りの原因

女性が下半身太りになりやすい原因として、脂肪を貯蔵するレセプターと呼ばれるものが、特に下半身に多く配置されているからだといわれています。レセプターとは脂肪の貯蔵・放出をコントロールする受容体の事です。下半身には脂肪を放出するレセプター1個に対し、脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われているそうです。ちなみに上半身は全く逆で、下半身は上半身に比べて6倍も脂肪をため込みやすくなっているわけです。

さらに女性の下半身太りの大きな原因となっているのが「セルライト」の存在です。セルライトとは、太ももやお尻まわりの皮下脂肪組織がスポンジのようにどんどんと脂肪・水分・老廃物などをため込み肥大してしまう状態です。セルライトはほとんどが脂肪からできているものですが、普通の脂肪組織とは異なり、ダメージを受けてしまった脂肪細胞組織と言われています。

セルライトは、皮膚のすぐ下の脂肪組織に形成されている為、痩せている人にもセルライトは見られます。女性は下半身に皮下脂肪をため込みやすいのでセルライトも下半身に発生しやすく、下半身太りになりやすいわけです。このセルライトは、食生活の乱れから起こります。例えば、スナック菓子や甘い物ばかり食べる、過度に飲酒をするなどの食生活が続いてしまうとセルライトが発生しやすくなるようです。

また味の濃いもの、加工食品などの多食、悪い姿勢や、正座、脚を組んで座るなどの習慣、便秘、喫煙、カフェインの過剰摂取、運動不足などもセルライトを引き起こす原因になります。

下半身痩せを成功させるには、生活の改善が大前提になるわけです。下半身痩せを実現する為には、出来る事から変えていくことが必要となります。

【PR】エステ不要の脚やせとは。元脚やせ専門のエステティシャンが明かします。
脚やせ専門家が完全公開!!脚を細くするための絶対法則!自宅で誰でも簡単にできる「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」著者:小林弘美
posted by yasu at 01:25 | 原因と改善法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。