セルライト

下半身痩せをしたい方には、「セルライト」という言葉をよく目にすると思いますが、極端な説や怪しげな話には注意も必要です。

セルライトとは、主に女性の腹部、お尻、太ももなどに不均一かつブロック状に存在する皮下脂肪です。下半身太りには様々な原因があり、セルライトもその一つといわれています。このセルライトという言葉、実は医学用語ではありません。美容の業界では盛んに用いられていますが、医学的には存在は確認されていないようです。

セルライトという言葉は、フランスで生まれたといわれています。1973年、ニューヨークのエステサロンの経営者がセルライトについて書いた本がベストセラーになったことで一般に広く知られるようになったそうです。日本では、日経産業新聞の1996年の記事でセルライトが紹介され、2000年代以降にテレビなどで取り上げられて、一般的に知られるようになりました。

セルライトと通常の皮下脂肪の違いには複数の説があります。例えば「脂肪組織に老廃物や水が溜まったもの」、「リンパ液の固まったもの」、「成分のほとんどはコラーゲン」などです。これをみてもわかるように全く違った説が存在します。科学的な検証も不十分で、エステなどでは外見からセルライトの判断をしているようです。

美容や健康食品の業界では、セルライトは脂肪が変形し固まってしまっているため、通常の皮下脂肪に対する対処法では解消できないという説から、マッサージから美容整形手術にわたる特別な治療や、専用の食品を用いる食事療法が必要であるとされているそうです。

これに対して、セルライトを否定する立場からは、セルライトと呼ばれるものは普通の皮下脂肪と変わりないので、通常のダイエットで皮下脂肪が減少すると、その凸凹の脂肪も減少して目立たなくなるとされています。

【PR】自宅で継続的な脚やせを実現するならこれがおすすめです。
脚やせ専門家が完全公開!!脚を細くするための絶対法則!自宅で誰でも簡単にできる「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」著者:小林弘美
posted by yasu at 13:39 | セルライト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。