下半身太り

多くの女性に自分の下半身が太っているという思いがあるようです。実際にはそうではなくても回りと比べて見て、そう感じてしまっているのかもしれません。しかし、上半身に比べて下半身が太りやすいのも事実のようです。

上半身は、下半身に比べて太りにくいのは、普段からよく動いているからです。体に中で一番よく動かすのは、まぶたです。そして指、ひじ、手首といった順番によく動かしています。これらは座っていても動かしています。

それから、もう1つの理由として、上半身は日常生活の中でストレッチ的な動きをしていることがあげられます。それに対して下半身は一定の動きしかしません。座っているか立って歩いているかです。

下半身太りで特に気になる部分、つまり脂肪が多くなってしまっている部分は、たいていお尻から太ももの後ろにかけてや、ふくらはぎの内側などではないでしょうか。太ももの前の部分は日常よく使うのでそれほど脂肪はついていないでしょう。

ということは、下半身やせをするためには、気になる太った部分を時間を作って動かしてやればいい事になります。つまりエクササイズですね。例えば、筋肉が完全に伸びた状態からこれ以上収縮できないという範囲で脚をうごかすエクササイズをすることです。

【PR】とにかく自分で脚やせを確実に実現させたいならこちらがおすすめ!
   ↓
脚やせ専門家が完全公開!!脚を細くするための絶対法則!自宅で誰でも簡単にできる「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」著者:小林弘美
posted by yasu at 01:07 | ポイント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。